ネコだけど羊。

しゃみです。ピアノ演奏動画や楽譜の作成、また詩や曲の解説記事を書いています。

仕事辞めました!ウツでな!

こんにちは。しゃみです。 突然ですが、先日、5年ほど務めた会社を辞めました。年度の途中で。

takebe20160224294812_tp_v

新卒でお世話になったファーストキャリアであったこと、また私の場合ちょっと珍しく、学生時代からボランティアで関わっていた組織にそのまま正社員として就職したので、「辞める」ということに大きな後ろめたさがありました。

就職前、また就職してから5年ほど(昨年度末)までは、自分は終身ここで働くと思っていましたし、そのつもりで社内キャリアを順調に(自分で言うのもヘンですが)積み重ねてきました。

それでも、今年4月に異動があり、職場環境があまりに大きく変わり、体調を大きく崩しました。それなりに大きな組織なので、異動というものは、一緒に働く人も環境も大きく変わります。

イケハヤさんが辞めてわかった!大企業就職のデメリット11選で指摘するように、「大企業は「上司」を選べないのがキツイ」かったです。

3. 大企業は「上司」を選べないのがキツイ

あとは、大企業って上司を選べないじゃないですか。これ超キツイですよ。 ベンチャー企業なら、少なくとも「社長」は自分で選ぶことができます。 ぼくもかつて勤めたベンチャーでは、社長に惚れて就職したところがあります。結局その会社は1年で辞めてしまいましたが、彼と一緒に働けたのはよかったなぁ、と今でも感じています。 一方で「上司を尊敬できない」というのは、大企業あるあるです。これキツイですよねぇ。上司どころか、社長も距離が遠すぎて尊敬できないものですし。 リーダーを選べない環境はリスクですよ。 先導する人が無能だと、自分も成長できないし、愚痴っぽい人間になっていきますから。 大企業で働いている人は、このリスクに無頓着である気がします。だからみんな、新橋で上司の愚痴をだらだら吐き出しているんでしょうねぇ。無駄すぎ。

 

そんなこんなで「長時間労働」「残業代無払い」「事業の見通しが暗い」「上司・同僚とウマが合わない」のクワトロプルコンボが決まり、異動し3ヶ月ほどで頭痛に悩まれることに。

当初は「新しい仕事に慣れていないのだから苦しいのも当然」「ここを乗り切れば、先輩達のように上手くこなせるようになるだろう」「だから頑張ろう」と思い、絶えつつ日々ほぼ終電帰りを繰り返しました。

 

それでも7月末頃にあまりの頭痛と、記憶力・判断力の低下に自分でも「なにかおかしい…」と感じ、ついに生まれて初めて心療内科受診を決意

それでも7〜8月は休日4日と超絶ブラックな環境だったので、結局受診できたのは8月下旬。思い立ってから1ヶ月が経過していました。

心療内科って、初診がなかなか予約できないのですね。確かに、お医者さんも初回は時間を掛けて患者の状況を聞く必要があるので、1時間程連続した診療時間が確保できないと、初診を入れられないのかもしれません。

 

そんなわけで心療内科を受診、1時間程のカウンセリングの結果適応障害」「うつ状態との診断が出ました。

そんな病状が自分についたのは初めてだったので自分でもびっくりでしたが、でも自分の状況を鑑みればすぐに納得できました。

この診断が出てから、「自分が病気になるこの環境はおかしいんだ」「ここで無理してこれ以上身体を壊すより、辞めた方が健全だ」「もうここで頑張る意味は無い」と自分でも割り切る事ができました。

 

そして診断書を上司に送り、それからは事が早かったです。そもそもこの時点で仕事の戦力になれないほど壊れていましたしね。

 

そんなわけで皆さん、心身の異変を感じたらすぐに心療内科に行きましょう!(予約しましょう!)あなたがそこまで体調を崩す原因は環境です。あなたが「できない」「悪い」のではありません

それを客観的に認識するためにも、心療内科受診をお勧めしますよ。

 

うつ病は良くも悪くもマジメな人がなると言われています。マジメな人ほど「できないのは自分のせい」と責めてしまい、負のループにハマってしまいます。

自分が悪くない、環境が悪い。そう割り切れて楽になれる人が少しでも増えますよう…。