ネコだけど羊。

しゃみです。ピアノ演奏動画や楽譜の作成、また詩や曲の解説記事を書いています。

転職(出向)して1ヶ月、今思うこと。

しゃみです。早いもので転職(正確には出向)して1ヶ月。 一言で言って、転職して、環境を変えて本当に良かった! ここらで今思うことをまとめてみます。

1.毎日遅くとも18時に退社できる

これはでかい。いちばんでかい。 前職場では、シフト制で9時出勤の日もあれば13時出勤の日もあり。 それでもだいたい日付が変わるくらいまで職場にいました。 当然、食事は全て外食。 働いても残業代も出なかったので、働けば働くほど貧困になるという状況でした。

2.自己啓発や趣味の時間が十分に取れる

対して今は理不尽な仕事が割り当てられなく、ほどよい業務量でまったり働いています。 アフターは充実。復帰した合唱団の練習は欠席・ドタキャンせず安定して出れますし、一日三食の自炊はできるし、本を沢山読んだり自分の将来をじっくり考えたりする余裕もあります。

3.ストレスがたまらない

人間関係が良好になったのは大きい。 前の部署は古き悪しき体育会系で、何事も時間を掛けて取り組む姿勢で評価をされるとことだったので…。日本社会の癌ですね。 そんな思想の上司・同僚と働いていたら、気が狂いますよ。そりゃ。

今の職場は良くも悪くもドライです。個々人の能力が高く、完全分業体制。 会議は多くない。むしろ人の無駄な時間を奪わぬよう、本当に必要最低限。 情報共有はgoogle documentでファイルシェアとメールでのリマインド。

これこれ、こういう快適な環境を待っていた。 もちろん、職場の人間と夕食や飲み会に行かねば仕事ができないような理不尽な事も無し。これこそ日本社会の癌。大罪。

4.給料変わらない

正直給料下がる覚悟で異動願いを出したのですが、なんと職場間の謎規定が存在し、結果的に給料は変わらない。 なんやねん!だったらもっと早くそうすりゃよかった!笑 (まあ事が進んだのは病気になって診断書が出たからですが…)

 

そんなわけで、転職してよいことだらけ、です。 環境を変えること、大切ですよ。本当に。